がん予防の免疫力は自律神経

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんから体を守るめには、体のもともと備わっている生態防御の仕組み免疫力をの力です 

がん対策はがんに負けない体を創る top > 免疫力は自律神経で左右

*がん予防の免疫力は自律神経で左右*

がん予防の免疫力は自律神経で左右免疫力は自律神経で左右される
 がんから体を守るためには、体のもともと備わっている生態防御の仕組み免疫力の力です。 免疫力を左右するものに自律神経との関係があります。

 自律神経は、体の60兆の細胞をコントロールしている神経です。 免疫系や内分泌系を関係し病気にならないように働いています。 自律神経には、交感神経と副交感神経があり、体を活性状態にし心臓の働きや呼吸を早め血圧を上げ血流を上げるなど自律神経の働きです。夜寝るときや食事をするとき、笑うときなど、心臓の鼓動をゆっくりにし、血圧を下げるなど、体の緊張を解消する働きの副交感神経です。がん予防の免疫力は自律神経で左右

 過労や過剰のストレスがあると交感神経が優位になりすぎ、白血球の中の顆粒球が増え、細菌などの大きな外的への攻撃を受け持ち、免疫を成立させずに最前線で外敵の進入を防ぐため、がん細胞やウイルスなどを見逃してしまうのです。

がん予防の免疫力は自律神経で左右がん細胞やウイルスと闘うのはリンパ球
 がん細胞やウイルスと闘うのはリンパ球で、副交感神経が優位のとき、リラックス状態のときに増え、NK細胞、T細胞やB細胞などが連携して、がん細胞や変異した細胞を取り除くのです。 白血球の割合は、自律神経の状態に関連するため、がん細胞と闘うリンパ球を増やし免疫力をアップさせるためには、副交感神経が優位になるリラックスが必要です。

 副交感神経を優位をするためには 現代の生活環境は心身の過剰なストレス状態にあります。交感神経が優位になりやすい環境にあるのです。 副交感神経を優位にするためには、現代人にありがちな不規則な生活を改善して規則正しい生活を送ることです。

 朝は同じ時間に早起きして20分間朝日を浴びる、起きて1時間以内に食事を取り、1日3回食同じ時間食べ観測はしない、睡眠前の1時間は、パソコンやテレビで頭を使わない、そして睡眠3時間前以降は食べ物はとらない、などです。

がん予防の免疫力は自律神経で左右自律神経を整える栄養素を含む食品
自律神経を整える栄養素を含む食品には、キノコや海草、食物繊維などを積極的にとることが必要です。 ほかにも、アロマオイルやお香の香りをかいだり、半身浴なども自律神経を整えます。 こころの平安をもたらすセロトニン神経 癒しのホルモンと呼ばれる脳内のセロトニンが増えると脳が活性化し幸福感や安心感 前向きな気持ちが得られます。

がん予防の免疫力は自律神経で左右ストレスに対する抵抗力をつけるセロトニン神経です。
セロトニン神経は脳内で働く神経伝達物質のひとつで、セロトニンを分泌して、感情をつかさどる部位脳の扁桃体に直接働きかけます。起きている間、1秒間に2、3回一定のリズムで、一定量を脳に送り続けます。
 大脳皮質を覚醒させ意識レベルを調整する、 自律神経を調整する 、筋肉へ働きかける 痛みの感覚を抑制 こころのバランスを保つなどの働くをしています。

免疫力は自律神経で左右 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved