がんはほかの人にはうつらない

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がん細胞は自分が生まれた体の中生きていくことができません

がん対策はがんに負けない体を創る top > ほかの人にはうつらない

*がんはほかの人にはうつらない*

がんはほかの人にはうつらないほかの人のがんは感染することありません。
 うつることはありませんが、がんの原因の一つに、ウイルスかありまがあります。 子宮頸がんや肝臓がん、胃がんなどで問題になりますが、がん自体は感染することはないでしょう。

 がん細胞は自分の細胞のDNAに傷が蓄積し、一日に数千個もできるといわれ、免疫の働きで殺されますが。 この免疫の監視網をくぐり抜け、ひっそり生き残ったった一つのがん細胞、数十年という時間を経て、検査で見つかるがんに成長します。がんほかの人にはうつらない

 免疫が弱った状態では、臓器移植などで、移植される側では免疫抑制剤をつかいます。 他人の細胞を攻撃する免疫の作用を抑えなくては拒絶反応起きてしまいます。
 免疫抑制剤を使えば、他人のがん細胞を排除する力が弱まります。 移植された臓器にがんがあるとがんが移る危険もあるのです。

 免疫側ががん細胞を見逃すのは、もともと自分の細胞で、異物と認識し認識しにくいためといわれています。 親や兄弟の細胞でも、人の細胞であることには変わりがありません。がん細胞は自分が生まれた体の中生きていくことができません。  

 

ほかの人にはうつらない page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved