がん細胞と低体温 低酸素

がん対策はがんに負けない体を創る
  • 低体温・低酸素の状態が日常化したとき体の細胞ががん化する説!

がん対策はがんに負けない体を創る top > がん細胞は低酸素と低体温

*がん細胞は低体温と酸素欠乏で増殖の勢いが増す*

がん細胞は低酸素と低体温がん細胞は低体温と酸素欠乏と増殖の関係
 ストレスによって低体温・低酸素の状態が日常化したとき体の細胞ががん化して生まれる。という説に注目してみます、恒温動物の人間には、一 定の酸素と温度が必要です。この条件が満たせない場合、体はその悪条件から抜け出すために適応できるよう、細胞をあらたに作 り出す。という説です。

 生命活動の基本になる細胞内エネルギー産生がどのようになっているかというと、解糖系とミトコンドリア系の2本立てになって いて、酸素を使わない、解糖系はブドウ糖を原料に、食べ物からえた栄養素をエネルギーに変換し、酸素を使う、ミトコンドリア系は呼吸で酸素を取り込んで、細胞が活動するエネルギーを作り出します。 解糖系に比べ、ミトコンドリア系(クエン酸回路)で は膨大なエネルギーが産生されます。がん細胞は低体温と酸素欠乏で増殖の勢いが増

 がん細胞は、酸素を使わない解糖系がエネルギー供給し、解糖形が優位になるとがんになるともいえるのです。細胞の分裂スピー ドを抑えるミトコンドリア系がきわめて少ないが、画がん細胞の特徴です。

 温度の面からは、がん細胞は酸素が少なく温度が低い環境でもエネルギーを作ることができるように適応しているのです。不自然 な生活環境で過酷な状況下に置かれた細胞の生き残りの選択が、がん細胞ということです。がんの見方を変える必要があるようで す。

 がん細胞は、酸素が欠乏すると増殖の勢いが増すようです。その主な原因には、あらゆる生命活動(代謝)により大切なミネラルであるナトリウムとカリウムのバランスが崩れることです。

 体を構成する細胞は、細胞の外側(血液やリンパ液など)にナトリウ ムが多く、細胞内にはカリウムが多くバランスが保たれています。このよい状態が維持されて生命活動が行われています。

  このバ ランスが崩れると、細胞ががん化しやすくなるようです。細胞内外のミネラルバランスをコントロールしている、ナトリウム・カ リウムポンプという機能が明らかになり、このポンプの機能が衰えて、ナトリウムが多くなると一緒に水分も多くなり、酸素不足 に陥りがん化しやすくなるのです。

がん細胞は低酸素と低体温塩分の取り過ぎや野菜・果物の摂取不足により
 ポンプのエネルギー源がミトコンドリア系のクエン酸回路でつくられるエネルギーです。  このポンプを衰えさせる原因に食生活があり、塩分の取り過ぎや野菜・果物の摂取不足によるカリウムを始めとするミネラル不足 で、代謝異常となり発がんにつながると考えられています。

がん細胞は低酸素と低体温 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved