がんリスクを下げるもの

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんリスクを下げるものには、緑茶ポリフェノールの濃度は高いほど、胃がんになるリスクが低いど、コーヒーや野菜も

がん対策はがんに負けない体を創る top > がんリスクを下げるもの

*がんリスクを下げるもの*

がんリスクを下げるものがんリスクを下げるもの
 がんを予防する食品はあるのでしょうか。 全国の日本人を対象とした大規模調査が行われた結果、緑茶は、とくに女性で胃がんのリスクを下げるというデーターが出ています。女性は血液内の緑茶ポリフェノールの濃度は高いほど、胃がんになるリスクが低いといわれています。 ただし、たばこを吸うと予防効果がみられません。

 緑茶は進行した前立腺がんを抑える可能性もありますが、大腸がん、子宮体がん、膵臓がんには効果がないそうです。 コーヒーは男性の膵臓がんのリスクを下げる可能性があります。

 肝臓がんでは、コヒーをほぼ毎日飲む人は、男女ともにリスクが半分ほどに減少したというデーターもあります。 一日の摂取量が増えるほど発生率が低下し、一日5杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べて肝がんの発生率が4分の1にまで下がります。

 女性の結腸がんや子宮体がんでも、コーヒーをたくさん飲む人ほど、がんの発生率が低いといわれますが、調査の必要があるようです。 野菜は少量でも胃がんンのリスクを下げるようです。 多く食べても大きくリスクを下げる分けではないようです。

 食道がんでは、食道がんでは、キャベツ、大根、小松菜などの野菜で発がんリスクが低下しました。 喫煙と大量飲酒といった、もともとリスクが高い人でも効果が大きく、発がん率は約8倍から3倍と大幅に低下しました。

 リスクの高い人のグループは野菜とくだもの合計量が一日あたり100グラム増えると、食道がんのリスクが、約20%下がりました。 肺がんや大腸がんでは、野菜や果物の摂取とあまり関係がないようです。

 魚のこげも、実際は毎日何キロも口にしなければ影響はありません。 白色人種で皮膚がんのリスクとなる日光も、日本人の場合は体内のビタミンDを増やし、大腸がんの予防になるといわれています。 一番のおすすめは、減塩食と運動を含めたバランスの生活です。

がんリスクを下げるもの page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved