骨転移の痛みの治療

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんで亡くなる人の8割以上が激しい痛みを経験するといわれています

がん対策はがんに負けない体を創る top > 骨転移の痛みの治療は

*骨転移の痛みの治療は*

骨転移の痛みの治療骨転移の痛みの治療は、放射線治療や医療用薬で
 放射線治療は骨移転による痛みの9割に有効です。 転移したがん細胞を殺す働きの、破骨細胞の働きを抑えるため、痛みを止める効果が期待できます。

 骨転移の痛みには、頭痛・生理痛で使う痛みどめも有効ですが、効果が足りまい場合は、医療法麻酔薬を上乗せすべきです。 決まった期間に使いながらも、痛い場合は即効性のある麻薬も使います。 医療用の麻薬の使用によって中毒になることはありません。 実際に痛みをとった方が長生きする傾向があります。骨転移の痛みの治療

 がんは痛いというイメージが強いようですが、早期のがんでは痛みなどの症状がないことが普通です。 進行がんになると、がんで亡くなる人の8割以上が激しい痛みを経験するといわれています。

 日本人の3人に1人はがんなくなっていますので、4人に1人が激痛を経験することになります。 適切な治療をうければ、この人たちは、痛みに耐えながら命を落とすことになります。 がんの痛みの原因の一つが、骨に転移したがん(骨転移)です。

 がん細胞は、自分が生まれた臓器が一番すみやすいのですが、分裂を繰り返して数が増え、住まいが手狭になると血流に流れ込み、別に臓器にたどり着き植民地を作るのです。 れをこ転移といいます。 骨は本来、がん細胞がすみやす場所ではありませんが、巧妙に居場所を作るのです。

 骨はできたらずっと変わらないのではなく、古い骨を壊して、新しい骨を作り変える新陳代謝を繰り返しています。 このバランスが骨を壊す側に偏った状態が骨粗鬆症です。 がん細胞はこの骨をと壊す破骨細胞の働きを高める物質を出して、骨を溶かして自分が増えるスぺースを確保するのです。

 骨が壊れるとがん細胞の増殖や働きを刺激する物質が出るために破骨細胞の働きがさらに活発になるのです。 最近は破骨細胞の働きを抑えるゾメタなどの注射の開発されています。

骨転移の痛みの治療は page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved