胃がんは男性のがんトップ

がん対策はがんに負けない体を創る
  • 胃がんは男性のがんトップで、胃の内側の粘膜の細胞の突然変異によっておこります

がん対策はがんに負けない体を創る top > 胃がんは男性がんのトップ

*胃がんは男性がなるがんのトップ*

胃がんは男性のがんトップ胃がんは男性に多いトップのがん
 胃がんは、胃の内側の粘膜の細胞の突然変異によっておこります。 胃がんは、粘膜の表面から、徐々に胃の外側に向かっ て広がっていき、リンパ節や肝臓、腹膜は移動の可能性も高まります。 早期の胃がんは、確実に治療する時代になりました。

 これからは、いかに後遺症を少なくするかに関心が集まっています。  早期がんのうち、がんが粘膜に留まっているのが一番治療の条件がよいタイプです。 大きさが2センチ以下であれば、胃を切らずに内視鏡によるがんを切除することも可能です。

 進行した胃がんの場合、胃を3分の2以上切除し胃の周囲のリンパ節も、やや広めに取り除く手術法が一般的です。 最近では、TS-1という経口の抗がん剤を手術後の使うことにより治癒率が向上することもわかっています。胃がんは男性がなるがんのトップ

   胃を切ると食べた物が一度に小腸に届くためにダンピングという、不調を感じる人もいます。 胃を切った後の食事の基本は、柔らかめにした食事をよく噛んで食べることです。 食事の回数を増やす工夫も必要です。

 食生活の欧米化や冷蔵庫の普及により胃がんによる死亡率は、減少傾向にありますが、なおも日本人男性がなるがんトップであることは依然として変わりません。

胃がんは男性のがんトップピロリ菌が胃がんを左右する?
 日本はいまや衛生大国になっています。 ピロリ菌の感染が減り、胃がんはこれからもっと減る傾向にあるようです。 胃がんは、ヘリコパクター・ピロリ菌などが原因の一つち考えれています。 井戸水を飲まなくなり、冷蔵庫が普及して新鮮で清潔な食べ物を食べることのできる環境により、胃がんが減っています。

 ピロリ菌は、免疫力の不十分な乳児期や飲みみ水や食べ物などから感染し、そのまま胃に住み着きます。 感染率は、上下水道の普及率の低い国や地域が高い傾向にあります。日本でのピロリ菌感染率は、年齢により異なり、10~20代では低く20%、50代以上で70~80%です。

 アメリカでも1930年ごろは、胃がんが、がん死病率のトップでした。 日本よりも先に衛生環境が良くなったことから、今までは胃がんは、白血病よりも少ない、珍しいがんに成っています。 日本もこれからアメリカと同じ状況が予想されます。

胃がんは男性のがんのトップ page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved