がんは遺伝する遺伝病か

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんは遺伝病?がんは生活習慣病なのです

がん対策はがんに負けない体を創る top > がんは遺伝する遺伝病

*がんは遺伝する遺伝病?*

がんは遺伝する遺伝病かがんは遺伝する遺伝病
 遺伝子がかかわるといっても遺伝病とはいえません。 DNAの複製失敗、免疫の取のこぼしというミスが重なった結果できる病気です。 このミスの確率を左右するのは、喫煙、食生活、運動などの生活習慣です。

 たばこは、最もミスを誘発する要因です。 たばこを吸わず野菜中心の食事を心がけ、お酒や塩分を控え、定期的に運動すれば、がんになるリスクも半減するとのことです。 がんは遺伝するのでなく、生活習慣病なのです。がんは遺伝する遺伝病か

 胃がんや肝臓がんなどの、細菌やウイルスが原因となるがんが減って欧米に多い肺がんや乳がん、前立腺がんといった高脂肪食や、たばこが原因のがんが増えています。 特に、たばこは、がんの原因の3分の1を占めるため、禁煙はがん予防の第一歩です。

がんは遺伝する遺伝病か社会には、がんは遺伝するという誤解
がん和遺伝するという誤解があります。 確かに一家そろってがんになった例は珍しくありません。 家の中で喫煙者がいれば、本人でけでなく家族もがんになる可能性が高くにあるのです。 そもそも、日本人の2人に1人はがんになりますから、3人の家族ががんになる確率は8分1になり珍しいわけではありません。

 ハワイに移住した日本人の子供たちは、世代が変わるなかで、胃がんがへり乳がんや前立腺がんといった欧米型のがんが増えています。 また、ブラジルへ移民した場合には、胃がんはあまり減らず、乳がんや前立腺がも増えないとのことで、ブラジルのほうが日本に近い食生活ののことです。

 一卵性双生児はまったく同じ遺伝子を持って生まれます。 同じがんになる10%程度です。 もしも、がんが遺伝病で、親からもらった遺伝子によってどんながんになるか決まっているのであれば、同じがんがでいるはずです。 がんは生活習慣病なのです。

がんは遺伝する遺伝病か page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved