がんの確立をたばこと比較

がん対策はがんに負けない体を創る
  • たばことがんの確立を、ダイオキシン、原爆の放射線で比較します

がん対策はがんに負けない体を創る top > たばことがんの確立を比較

*がんの確立をたばこと比較*

がんの確立をたばこたばことがんの確立
 40歳のたばこを吸う男性と、たばこを吸わない男性を100人ずつ、35年間このうち何人がシュミレーションをして見ますと、地域がん登録のデータに基づく各年齢で、がんの疾患率と非喫煙者に対する喫煙者のがん発生の相対リスクによって推計すると、たばこを吸わない100人では、一人が肺がんになり、20人がなんらかの、がんになっていると予想されます。

 一方、喫煙者では5人が肺がん、32人が何らかのがんになっていると推測できます。 たばこを吸わなくても肺がんになりますが、たばこをとめることができれば、肺がんになるリスクは1/5になるわけです。 おそらく、がん予防効果では、どんな健康食品を食べるよりもはるかに大きな成果が得られるはずです。たばことがんの確立

 これほど明確なリスク要因を放置して、いいはずがありません。 たばこを吸うことによって、発生した疾患にかかる保険医療費の増加を合わせると、その損害額は天文学的な数字になり、たばこをすうために失われる労働時間や作業効率の低下など、目に見えないものを含めるる更なる経済損失に膨らみます。

 がんのリスク要因は、食事や細菌、アルコールなどがありますが、これらの要因を完全に取り除くことは不可能ですが、喫煙をなくすことが、最も効果的ながん予防法です。 たばこをなくすことで約9万人のがん患者を減らすことができるといいます。

がんの確立をたばこたばことダイオキシンの比較
 ダイオキシンは環境問題に関心を持つ人でなくても耳にした言葉ではないでしょうか、大気汚染の危険性や環境ホルモンなどで、マスコミに大きく取り上げられたこともありました。

 非常に低い濃度で、内分泌を撹乱する作用が注目され、注意が必要ですが、ダイオキシンを大量に浴びた人のうち、血清ダイオキシン濃度が数百倍程度に上がった人のがんリスクは1.4倍、数十倍程度に上昇したぐらいでは、ほとんど変わりません。

 発がんリスクに関しては、事故などで大量に曝露したときでも、喫煙習慣には及びません。 ベトナム戦争の枯れ葉剤散布作戦にパイロットとして参戦し、ダイオキシンの血中濃度が50倍以上に高くなった米国軍人や、農薬工場の爆発により多くの人が高濃度のダイオキシンにさらされた事件など、そのような人たちの追跡、しその後どのような病気になったかを研究報告しています。 職業的に普通の人(5mg/脂肪kg未満程度)の200倍とか1000倍の血中濃度の集団で1.4程度にがんリスクがあがります。

 しかし、もう少し少ないダイオキシン血中濃度のレベルでは、がんで死亡する確率は普通の人とほとんど変わらりません。日本のごみ焼却場で起こった従業員のダイオキシン曝露事件では、最も血中ダイオキシン濃度が高い人で、13.4mg脂肪と報告されています。その1000倍の濃度でダイオキシンのがんリスクがたばことほぼ同じになります。 ダイオキシンは環境問題では大変重要ですが、身近な喫煙を見過ごすことがより大きながんリスクを高めることになります。

がんの確立をたばこたばこと原爆放射線の比較
 たばこを吸わない人達が、がんの発生リスクを、1とした場合、たばこを吸っている人達のがんの発生率は、男性で1.6倍、女性で1.5倍でした1965年から17年の追跡調査では、約26万人のコポート研究で、がん死亡リスクは1.7倍、女性は1.3倍でした。

 広島と長崎の被爆者の追跡調査した放射線影響研究所の報告によると爆心地から1km以内で被爆した人が白血病以外のがんで死亡するがんリスクは、2.5km以上離れた場所に住んでいて、被爆の影響を受けなかった人の約1.7倍(白血病を含めると2倍)です。 データーを単純比較はできませんが、発がんリスクという点では、どちらもあまり代わりがないということです。

 一度に受けるダメージと日常の生活習慣の積み重ねで、長期間毎日こつこつ受けるダメージの違いがありますが、決して楽観的に見過ごすことができないのです。 興味本位でたばこを吸い始め、習慣化するリスクの大きさを知ってほしいのです。

たばことがんの確立を比較 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved