がんの原因

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんの原因は生活習慣が大きく影響する

がん対策はがんに負けない体を創る top > がんの原因を知る

*がんの原因を知る*

がん予防とp53遺伝子がんの原因には長生き故に
 がんは、老化の結果といいかえることもでき、長寿国になった日本は、別名がん大国ともいえるのです。 日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなっています。 決して、他人ごとではすまされない時代というわけです。 そして、がんを知り、がんの原因を知らなければ正しく向き合うこともできません。がんの原因を知る

がんの原因を知るがんの原因には、生活習慣が大きく影響
 がんは、簡単にいえば遺伝子(DNA)の複製の失敗が原因です。 遺伝子の複製ミスによって、細胞などの設計図であるDNAに、放射線や化学物質などによる損傷が少しずつキズが積み重なり、死なない細胞が生まれるのです。

 そして、免疫機能が取逃し生き残った、たった一つのがん細胞は10年以上の時間をかけて検査で確認できるがんになります。

 この傷の蓄積には長い年月を要するため、がん細胞の発生は、加齢とともに増え、毎日に数千個も発生するともいわれます。 できたてのがん細胞は、免疫細胞であるリンパ球によって、除去されますが、がん細胞の発生数の増加と免疫機能の低下によって、年齢が高くなるとともに、がん細胞が生き残る確率は高まります。

 ストレスの多い環境では、免疫細胞の数や働きが減少するといわれます。ストレスの多い社会状況化でストレスは大きな危険要因かもしれません。

 遺伝子がか関わるといっても遺伝病とはいえません。 DNAの複製失敗、免疫の取のこぼし、というミスが重なった結果できる病気です。 このミスの確率を左右するのは、喫煙、食生活、運動などの生活習慣です。 たばこは最もミスを誘発する要因です。

 たばこを吸わず野菜中心の食事を心がけ、お酒や塩分を控え、定期的に運動すれば、がんになるリスクも半減するとのことです。 がんは遺伝するのでなく、生活習慣病なのです。

がんの原因を知るがんの原因に体の冷え
 便利な生活をしているために運動不足に陥っていること、人間の体熱の40%は筋肉より発生します。運動不足になると、体熱の低下をまねきます。 現代の生活はストレスいっぱいの生活です。

 体にストレスがかかると血管が収縮して血行が悪くなって、体温が下がります。 クラーの効いた部屋で過ごすことで体を冷やす要因になり、シャワーだけですます入浴の習慣低体温化の要因になります。 日本人の今の食生活は、本来の日本食から離れ、様々雑多な地域で取れた食物を食べています。 不用意に余分な水分を取り体の冷えに通じます。

 体温が一度低下すると免疫力は30%以上低下するとされています。 がん細胞は、35.0℃で一番増殖し、39.3以上で死滅するともわかっています。四六時中働らいている心臓や、赤血球が集まり赤くて体温が高い脾臓にはがんできないということです。

 筋肉労働や運動をし入浴や温泉サウナにいそしみ体を暖める食物食べ、趣味に打ち込んで気分をよくして体温をあげることといってよのです。

がんの原因を知る page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved