がん予防 p53遺伝子

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がん抑制遺伝子の中でも、がん細胞の増殖を抑制する力が最も強いのがp53遺伝子です。

がん対策はがんに負けない体を創る top > がん予防はp53遺伝子

*がん予防はp53遺伝子スイッチを入れる*

がん予防とp53遺伝子がん予防p53遺伝子
 がん細胞は人間の組織で毎日生まれているにもかかわらず、備わった防御機能により、発がんにいたりません。そのひとつが免疫力であり、もうひとつが、がん抑制遺伝子の働きです。

 がん抑制遺伝子の中でも、さまざまな研究によって、がん細胞の増殖を抑制する力が最も強いことが知られているのがp53遺伝子です。

 がん患者さんの中で悪性腫瘍の中でいちばん高頻度で異常が認められているのがp53遺伝子です。 がん患者さんの中でも過半数の人がp53遺伝子に異常ありとの報告があります。がん予防 p53遺伝子

 p53遺伝子の重要な働きは、細胞にアポートシス(自殺)を命じることです。 体は常に細胞分裂を繰り返していますが、一つの細胞はある一定の分列数に達すると、アポートシスするようになっています。

 また、細胞は隣の相棒と触れ合うと分裂が止まり、成熟して器官ごとの役割を果たす細胞(分化細胞)に変わります。 しかし、がん細胞だけは、分裂回数に達しても死なず、隣の細胞が触れ合っても分裂がとまらずに、無限に細胞分裂を繰り返す細胞(未分化細胞)のままでいます。

 p53遺伝子は、DNAに起きたダメージを見て、修復可能か不可能かをみてアポートシスさせるかを判断するのです。 がん細胞はこのp53遺伝子のスイッチが切れているため、p53遺伝子のスイッチを入れてやり働きを高めてやる必要があるわけです。

がん予防とp53遺伝子p53遺伝子のスイッチを,オンにする
 p53遺伝子のスイッチをがオンオフすることができることが分かってきました。 ストレスがたまりやすい思考の人は、限界を超えるとp53遺伝子フリーズしてしまい、がんの増殖に拍車がかかってしまうのです。 これを止めるには、こころのケアーが必要になり、p53遺伝子のスイッチを入れ直すことが重要になるからです。

 がん細胞の最大の特徴は、無限に増殖を繰り返すことと、抑制遺伝子などによる抑制ができないことです。 ブレーキが効かない状態です。 生命活動は常に、p53遺伝子のスイッチが入っていて生命活動が正常に維持され、細胞分裂をコントロールしています。 このブレーキが壊れるとp53遺伝子のスイッチがはずれてしまうのです。

 がん細胞がどのようにできるかは、増殖にアクセルをかける原因は食習慣で日ごろの食べ物により、細胞内のナトリウムとカリウムバランスの逆転にあり、p53遺伝子によるブレーキをかけるには、ストレスを軽減しこころのケーに取り組むことががん克服にとても大切なことになるのです。

がん予防とp53遺伝子 がん予防はp53遺伝子 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved