がん細胞は血液の浄化装置

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がん細胞は、血液の浄化装置という見解があります

がん対策はがんに負けない体を創る top > がん細胞は血液の浄化装置

*血液の浄化装置ががん細胞の目的*

 がん細胞は、血液の浄化装置という見解があります。 がん遺伝子は、正常細胞の中に、約60種類存在しています。 というこ とは何かあった場合、正常細胞がかん細胞化する前提が、生まれつき備わっているからです。

がんを起こす生活習慣がんをどう考える
 一般常識でのがんのとらえ方は、体にとって有害なもので、食習慣や生活環境により、知らず知らずに摂取している食品添加物や、農薬、化学物質なとの体に蓄積した汚れや、ストレスなどが要因となって、遺伝子におきた何らかの変化・病変が関わって発病する生活習慣病ととらえられています。がん細胞は血液の浄化装置

 がん細胞は、とめどもなく大きくなり、その臓器本来の機能を廃絶させるばかりか、その臓器をめち ゃめちゃに食い荒らして、血液やリンパ液の流れに乗って他の臓器に転移し同じように暴れまくり、結果的にその人の命を奪ってしまうという、がんに対する考えです。

 ではなぜ、白血球のNK細胞やT細胞、キラー細胞、マクロファージは、がん細胞が誕生し発見されるまで 、10年あるいは30年の間、まだ、がん細胞が少ないうちに対処せず、がん細胞を見逃すのでしょうか?  体は、がん細胞を増殖させるように働いているとしたら、と考えるとどうでしょう。 がん細胞が体に 必要なのもならば、排除するよりも成長させることは当然な結果となります。

 細菌もがん細胞も、体の血液中の老廃物や酸毒物質などの汚れを浄化するためのに働いた後、NK細胞細胞やT細胞などが処理している様子を、殺がん作用と捕らえているのではないでしょうか。 抗酸化作用のあるビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの抗酸化作用のある抗がん物質は、白血球の機能を高めがん細胞を殺すための免疫力を高めるといわれています。

 同様に笑いや気功が、NK細胞の力を増すとされていまが、カロテンやビタミンなどが血液の老廃物を浄化しくれるゆえに、がん細胞が血液の浄化をする意義がなくなるために、古くなったがん細胞から白血球に処理されるの ではないかという考えです。

 体内で起こる反応や症状は、病気で体を害するようなものはひとつもなく、生きている限り自然 治癒力の表れが、こうした病気や反応だと考えるとがん有害説は成り立たなくなります。 がん腫も何か体にために役立っている状態と考えられるのです。 その役割が血液浄化装置ではないでしょうか。

がんを起こす生活習慣 がん細胞は血液の浄化装置 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved