がんを起こす生活習慣

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がんを起こす生活習慣は、毎日の生活習慣の積み重ねによって、体内に蓄積した汚れががんを招く! 

がん対策はがんに負けない体を創る top > がんを起こす生活習慣

*がんを起こす生活習慣*

 がんを起こす生活習慣は、毎日の生活習慣の積み重ねによって、体内に蓄積した汚れががんを招く、発がんの主要原因になっています。

がんを起こす生活習慣体内には老廃物がいっぱい
 体内には現代医学ではまだまだ発見できない老廃物がたくさん存在しているということです。 こうした老廃物は、肉や精白食品の取りすぎで、体内に生じる酸毒物や中毒物質などや、過食によって十分消化燃焼されるずに残った中間代謝産物、運動不足によって生じる不完全燃焼物質、ストレスによる交感神経が緊張し副腎髄質より生じるアドレナリンにより誘発される過剰な糖や脂肪酸などが考えられます。がんを起こす生活習慣

がんを起こす生活習慣微量栄養素と発がん
 がんは、いくつかの自然のビタミンが欠如した加工食品によって生活している、文明圏に著しく多い病気です。 特殊なビタミン欠乏症という説もあります。 体内には100種類をこえる元素があり、酸素、炭素、水素、窒素、炭水化物、糖質、タンパク質のいわいる有機栄養素の栄養成分となっています。

 酸素、炭素、水素、窒素の4元素を除いた微量の元素を一括して無機質(ミネラル)といっています。 微量の栄養素が体内で、骨成分や浸透圧の調整、酵素を賦活する作用、有機化合物の合成など、重要な働きかかわっています。 食事中のミネラルバランスがアンバラアンスだと発がんの要因となるという説です。

 微量栄養素であるミネラル類は、含まれる食物の摂取不足によって、体内の不足を招くことと、精白食品や動物性食品の取りすぎによる体内で消化代謝されるときにビタミンやミネラルが過剰消費され欠乏を起こすことにつながっています。 

 白米や白砂糖は、ビタミンB群、パントテン酸やカリウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの様々なビタミン・ミネラルを利用します。 そのため白米や白砂糖などの精白食品は、ビタミン・ミネラル泥棒と呼ばれてるのです。
 高栄養(高脂肪、高タンパク、高炭水化物)が、ビタミン・ミネラル不足が栄養失調を作り、現代文明病の発がんを含めた原因になっているということです。

がんを起こす生活習慣東洋医学で万病の元といわれる瘀血(おけつ)
 東洋医学に万病の元といわれる抽象的な概念の瘀血(おけつ)という言葉がありまます。 漢方医学でいう瘀血(おけつ)=血の道症を現代医学で解釈すると、静脈系の血行不順であるとのこと。 瘀血(おけつ)とは、血液の循環が悪いという機能的なものと、血液の成分に異常つまり汚れがあるという、二つの面を表しているわけです。  顔色が赤紫色がかっている、手のひらが赤い、歯ぐきに茶ないし紫の色素沈着がある、あざが出やすい、足が冷えて上半身がのぼせる、肩こり頭痛、生理不順、生理痛などで、こうした症状は血液(静脈)の循環が悪いことからおこるとされています。

がんを起こす生活習慣 がんを起こす生活習慣 page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved