がんに負けない体 がん対策

がん対策はがんに負けない体を創る
  • がん対策はがんに負けない体を創る

がん対策はがんに負けない体を創る top

*がん対策はがんに負けない体を創ること*

がん対策はがんに負けない体を創るがん対策はがんに負けない体を創る
 がんはもともと自分の細胞ですから、免疫細胞に異物だと認識させ、免疫細胞が攻撃できる負けない体を創ることが重要です。  がん細胞は、細胞分裂でうまれる暴走機関車のようなものです。 1日に5000個のがん細胞ができるといわれますが、免疫細胞の働きで、ほとんどが取り除かれています。

 がん対策基本法の2007年に施行により、画期的ながん治療の開発よりも、禁煙によるがん予防や、がん検診による早期発見によるがん対策が示されました。がん対策はがんに負けない体を創る

 さらに自発的に がんを創らない、がんに負けない体を創ることが、自らの細胞から生まれるがん細胞から自らを守る取り組むことが大切に思えます。  免疫細胞などの体の働きを有効にするために、体の働きを妨げる原因を取り除き、がんに負けない体を創るがん対策が必要とおもえます。 

 これまでのがん対策は、手術が有効な胃がんが多かったため、がん治療の代名詞とされ、がん治療といえば手術でした。 高脂肪食やたばこが原因の欧米型のがんの場合、放射線治療も有用な選択肢といわれてきました。 

 多くのがんは、この数十年間で治療成績はあまり変わらない状況です。 診療技術の進歩などで、早期にがんが発見されるようになったために、見かけ上の死亡率は改善しています。 しかし、進行度ごとに比べると、ほとんど変化のない状況です。  がんは、転移すると治療が難しくなります、がんの痛みや症状をとる緩和ケアを早い持期から受けられた方が長生きするという傾向にあります。

がん対策はがんに負けない体を創る食生活やストレス対策からのがん対策
 がんに負けない体を創るために、日ごろの食生活のなかで、玄米・菜食・減塩・ミネラルを大切に、喫煙やたばこの煙を可能な限り避け、合成添加物をさけ油を選ぶなど、心がけたい事柄です。

 がん細胞を増殖させないために、否定的な感情や慢性ストレスが大きく関係していることは明らかです。 また、がんを敵視するのではなく、メッセンジャーとして捕らえて耳を傾け、生活スタイルを見つめ直すことも大切です。

 食生活を見つめ直すことで、がん細胞の増殖のアクセルをきり、生き方や考え方をかえることで、ブレーキをかけることにつながります。

がん対策はがんに負けない体を創る page top

 ・・・・・・
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C) がんに負けない体を創る   All Right Reserved